人気の動画配信サービスをランキング形式で比較し、おすすめとして紹介

DAZN(ダ・ゾーン)

世界中のスポーツ、好きなチームやリーグを視聴!

イギリスを拠点とするパフォーム・グループが提供するスポーツ専門の動画配信サービスだ。国内外のサッカー、野球、ラグビー、格闘技、バスケットボール、テニス、モータースポーツなどなど、多くの試合をライブで視聴することができる。国内のものはサッカーJリーグやプロ野球、バレーボールのVリーグなど。

料金体系月額料金:1,750円(税抜)
ドコモユーザーは月額料金:980円(税抜)(DAZN for docomo)(※1)
無料期間1ヶ月間の無料お試し期間あり

(※1)980円はドコモユーザー特別価格となります。本プログラムはドコモユーザー向けのプログラムとなります。

DAZNのおすすめポイント

DAZNの特徴、他社との比較

Jリーグをはじめとする多くの種目!

DAZNの1番のおすすめポイントは、サッカーJリーグを視聴できることだ

DAZNとJリーグは、2017年より10年間という長期間の放映権契約を締結している。これは日本のスポーツ界でも珍しいとのこと。

これにより、J1リーグ、J2リーグ、J3リーグの全試合がライブで配信される。地元のチームの試合、お気に入りの選手がいるチームの試合…、このサービスなら全部観ることができるぞ。

国内スポーツでは他にも、プロ野球の一部チームの試合や、ジャパンラグビートップリーグ、バレーボールVリーグなどを配信。

プロ野球やB.LEAGUEも配信拡大!

プロ野球の試合の配信も、スポナビライブ(DAZNの競合サービス。2018年5月に終了予定)から契約を引き継ぐなどして2018年から大幅に増加。巨人を除く11球団の主催試合のほとんどが配信されるぞ。仕事から帰ったら、お酒を飲みながらDAZNで野球観戦するのが楽しみになるに違いない。

B.LEAGUEの男子プロバスケットボールの配信も始まっている。地元チームの活躍をぜひ応援しよう。

また海外スポーツのラインナップも充実している。ヨーロッパ各国のサッカーもあるし、MLB(メジャーリーグ)、テニス、バスケットボール、格闘技、アメリカンフットボール、それにモータースポーツなど、多くの種目が揃っている。

番組表は公式サイトの「ヘルプ」→「配信コンテンツについて」からアクセスできるので、自分が興味のある種目・リーグがあるかどうかチェックしてみよう。

なお配信は、基本的にはライブが中心だが、一部のコンテンツは見逃し配信も行われている。スケジュールの都合で観ることができなかった時などに活用しよう。

料金も良心的! ドコモユーザーならもっとお得に!

スマートフォンやタブレットのほか、PCでも視聴が可能。「Amazon Fire TV」「Amazon Fire TV Stick」にも対応しており、テレビの大画面でスポーツ映像を楽しむことができる。

気になる月額料金は1,750円。同じくスポーツ専門の動画配信サービスであるスポナビライブの月額1,480円よりは少し高いものの、衛星放送と比べれば非常に安く、スポーツ専門の動画配信サービスとしてはかなりお得であると言えるだろう。

NTTドコモのユーザー向けにはお得なDAZN for docomoがあるぞ。サービス内容は同等で、月額料金が980円とこれまたかなりの低価格。申し込みはDAZNのサイトでは無く、ドコモのdメニューから。

また、NTTドコモの動画配信サービスであるdTVやdTVチャンネルとのセット割引もある。DAZN+dTVのセットなら月額料金の合計から200円引き、DAZN+dTV+dTVチャンネルのセットなら500円引きとなる。ドコモユーザーで無くても適用することが可能だ。

例えばDAZN+dTVのセットなら月額料金は1,750円+500円−200円=2,050円、DAZN for docomo+dTVのセットなら980円+500円−200円=1,280円で利用できる計算になる。スポーツも映画・ドラマもまとめて楽しもう。

※記載の料金は税抜です

DAZNの評判・評価

スポナビライブがサービス終了することで、DAZNはスポーツ専門の動画配信サービスとして独走状態となっている

DAZNのコンテンツで魅力的なのは、やはりJリーグやプロ野球、海外スポーツといったラインナップ。

サービス開始当初は、一旦は配信されると発表されたコンテンツが後になって配信予定から消えるなどの混乱があったり、2017年にJ1リーグが開幕した日の試合で配信障害が発生したりと、発展途上なところが見られたが、現在は落ち着きつつあるようだ。

「画質が悪い」という評判も以前よりは減ってきている。ただし無くなったわけではなく、今のところDAZNユーザーの間では「画質が良くなった」という人と「割と画質良い」という人に分かれるようだ。

端末のスペックが低いよりは高い方が(パソコン、PS4、Fire TVなど)、無線LANよりは有線LANの方が画質が良いという声があるので、画質が気になる方は設備にこだわってみるのも良いかも知れない。

1ヶ月間の無料お試し期間あり

おすすめ度:★★★★★

スポンサーリンク

本ページの情報は2017年11月時点のものです。最新の配信情報はDAZNのサイトにてご確認ください。

↑ページの先頭へ

ホームに戻る