人気の動画配信サービスをランキング形式で比較し、おすすめとして紹介

邦画が見放題の動画配信サービスを比較

動画配信サービスを選ぶ上で、邦画(国内映画)のラインナップも忘れてはならないポイントだ。

一昔前までは「洋高邦低」などと言われて、主にハリウッド映画に押されて低迷していた邦画だが、最近は(アニメ作品も含まれるとはいえ)邦画も勢いをつけてきている

有名俳優が出演する作品や、漫画やドラマを原作にした作品など、海外の映画にはない魅力をもったタイトルが、これらのサイトなら月額定額でいくらでも観ることができるぞ。

1位:Hulu

定額制の先駆け。国内外のコンテンツが豊富!

料金体系月額料金:933円(税抜)
動画本数50,000本以上
無料期間2週間の無料お試し期間あり

邦画のラインナップは着実に増えている。2018年5月現在の作品数で言うと1,000本くらいはあり、いつの間にかdTVよりも多数に。

映画ファンの方は当然のこと、そうで無い方でもタイトルは聞いたことがある、といった作品も多く揃っている。昭和30年代の日本を舞台としたあの名作も、ここなら定額の範囲内で観ることができるぞ。

全ての動画が見放題で視聴できるのも魅力。次から次へと視聴するのは良いが、くれぐれも寝不足には気をつけよう。

月額料金は933円とやや高めではあるが、邦画だけで無く洋画などもたくさんあるので、充実した動画ライフを送れることだろう。

検索機能がやや弱いようで、検索する時に実写の映画とアニメ映画が混ざって表示されてしまったりする。好みの作品を探すのはちょっとやりにくいかも知れない。

2週間の無料お試し期間あり

 

2位:Netflix

ついに日本に上陸した、動画配信サービスの王者!

料金体系月額料金:
・ベーシック:月額800円(税抜)
・スタンダード:月額1,200円(税抜)
・プレミアム:月額1,800円(税抜)
動画本数非公開
無料期間1ヶ月の無料体験あり

日本でのサービス開始はかなり遅かったにもかかわらず、邦画に関してはかなりの勢いでラインナップを伸ばしているようだ。見たところ1,000タイトル以上はありそう。その数もさることながら、他の動画配信サービスだと個別課金となっている作品がNetflixだと見放題対象になっていたりする

Netflixは会員登録しないとラインナップを確認できないが、1ヶ月の無料期間があり、覗いてみるだけならお金はかからない。まずは会員登録して、観たい作品があるかどうかを無料期間中に一通りチェックしてみよう。他の動画配信サービスと見比べて、どちらがお得に利用できるか考えてみるのも良い。

1ヶ月の無料体験あり

 

3位:U-NEXT

コンテンツの量で圧倒。新作の配信スタートも早い!

料金体系月額料金:1,990円(税抜)
毎月1,200ポイント付与
動画本数見放題作品80,000本、レンタル作品50,000本
無料期間31日間の無料お試し期間あり + 600ポイントプレゼント

見放題の作品とPPV(ポイントOK)作品に分けられていて、邦画作品はアニメやR指定のものを除くと全体で1,800本ほど、そのうち見放題の作品は3分の2ぐらい。そのため見放題の作品本数で言えばHuluやNetflixと同じくらいの数を誇っている

見放題の対象作品は、HuluやNetflixに比べると古い作品がちょっと多いかな?といった印象はあるが、質は悪くなく、十分に楽しめるだろう。

ジャンル分けもドラマ、アクション、サスペンス・ミステリー、コメディ、ラブストーリー、それに任侠・ギャンブル、クラシック、ロマンスシネマなど多彩。

31日間の無料お試し期間あり + 600ポイントプレゼント

 

4位:TSUTAYA TV

月額プランも選べる、TSUTAYAの動画配信サービス!

料金体系動画見放題:月額933円(税抜)
動画見放題&定額レンタル8:月額2,417円(税抜)
個別課金レンタル/セル
動画本数32,000タイトル以上(うち見放題は約10,000タイトル)
無料期間「動画見放題プラン」を30日間無料お試し可能

動画見放題で観られる邦画のタイトル数は1,500本ほどあるが、セクシー系の作品が半分以上を占めている。残りの作品も、他のメジャーな動画配信サービスに比べるとマイナーな作品の割合が多い印象。ホラーや任侠などのB級映画も数百タイトルが含まれている。逆にそういった作品が好みの方には良いかも。

しかし見放題にこだわらなければ、TSUTAYA TVでめいっぱい邦楽を楽しめるだろう。都度課金のレンタル作品まで含めると6,000本弱を視聴することができる。さらに「TSUTAYA DISCUS」も合わせて利用することで、DVD・ブルーレイのレンタルにも対応が可能だ。

「動画見放題プラン」を30日間無料お試し可能

 

5位:Amazonプライム・ビデオ

オンライン通販大手の会員向け動画配信サービス!

料金体系プライム会員(月額制または年額制を選べる)
・月額制の場合:月会費400円(税込)
・年額制の場合:年会費3,900円(税込)(1ヶ月あたり325円)
動画本数約30,000本(うちプライム対象は約6,000本)
無料期間30日間の無料期間あり

プライム会員なら見放題で観られる「プライム対象」の邦画は900作品ほどあり、質・量ともにHuluやNetflixにさほど劣らない印象。この料金の安さを考えれば驚異的である。ちなみに、東京の町を怪獣が暴れ回るあの映画がいち早く見放題の対象となったのもこのAmazonプライム・ビデオである。

すでにプライム会員になっている方で、もしAmazonプライム・ビデオをまだ使ったことが無いというのであれば、まずはここから使ってみるのがおすすめだ。見放題の楽しさを味わってみて欲しい。

ちなみに「プライム対象」以外の作品(都度課金)も含めると4,000作品ほどがラインナップ。大抵の作品はここで見つけることができるに違いない。

30日間の無料期間あり

 

6位:dTV

優れたコンテンツ量で、安定した人気のサービス!

料金体系月額料金:500円(税抜)
最新作品はレンタル
動画本数120,000本以上(カラオケを含む)
無料期間初回31日間の無料お試し期間あり

邦画の配信本数は、見放題が約400本、レンタルが約300本の合計700本ほど。以前は1,000本ほどあったと思うのだが、減少してしまったようだ。

内容としては、懐かしのタイトルや特撮ヒーローものなどが揃えられている。最新の作品はレンタルで。

ジャンルは恋愛・青春、ヒューマンドラマ、サスペンス・ホラー、特撮ヒーロー、アクションに分けられており、わかりやすいインターフェースで観たい作品を探しやすいのはナイス。

初回31日間の無料お試し期間あり

 

7位:Rakuten TV

豊富な動画の品揃え。おなじみ楽天のサービス!

料金体系個別課金/お得なパック(複数話まとめ買い)
定額見放題パックも数種類あり
動画本数180,000本以上

レンタルでお得に邦画を楽しみたいならこちら。Rakuten TVなら、楽天スーパーポイントを使って動画を視聴することができるし、動画をレンタルすればその料金の1%のポイントがもらえるぞ。

また、割引セールやプレゼント企画などもよく行われている。気に入った作品があったらぜひ参加してみよう。

邦画の作品数は約4,000と充実。コンテンツはアクションやコメディ、ラブストーリーなどの他に、Vシネマの割合がやや多め。任侠ものやセクシーもののVシネマがランキングに載るぐらいの人気ぶりだ。

常時25本のVシネマが定額で見放題になる「Vシネマ 極上!マンスリーパック」(月額400円)もあり。

 

8位:ビデオパス

KDDIも動画配信サービスで他社に対抗する!

料金体系見放題プラン:月額料金562円(税抜)
一部レンタル作品あり
動画本数約10,000本
無料期間見放題プランは初回30日間の無料期間あり

ビデオパスの邦画の作品数は、見放題が200少々、レンタルも含めると1,000少々といった具合。数だけ見ると他のサービスに比べて少なく見えてしまうが、比較的メジャーな作品が多く並んでおり、質は悪くない印象だ

ビデオパスの「見放題プラン」は、レンタル作品を観るための「ビデオコイン」が毎月540コインもらえるおまけ付き。このコインは1コイン=1円で使うことができる。新作映画の視聴にぴったり。それにしても月額562円で毎月540円分のコインがおまけでもらえるというのは、考えてみるとかなり太っ腹なのでは無いだろうか。

見放題プランは初回30日間の無料期間あり

 

9位:ビデオマーケット

ドラマやアニメが充実。地味に楽しめるサービス!

料金体系プレミアムコース:月額500円(税別)
プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)
複数話パック、全話パックあり
動画本数200,000本以上(うち見放題対象は25,000本以上)
特典初月無料キャンペーン実施中(ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く)

こちらもレンタルが中心だが、邦楽の作品数は約4,600とトップクラス。話題作から知る人ぞ知る作品まで、幅広く揃えられている。

「プレミアム&見放題コース」に加入すれば対象動画が見放題になるが、邦楽の対象動画は400本弱と少なめで、なおかつB級映画がほとんど。B級映画が好きな方なら良いかも?

初月無料キャンペーン実施中(ソフトバンクまとめて支払いでの決済を除く)