人気の動画配信サービスをランキング形式で比較し、おすすめとして紹介

スポーツが見放題の動画配信サービスを比較

これまでは衛星放送が中心だったスポーツ試合のライブ配信。ネットによる動画配信サービスでのライブ配信も徐々に増えつつある。

画質についてはまだ発展途上といったところだが、衛星放送よりも料金が安く、またネット回線さえあれば特別な機材が必要無いこともメリット。ネットでしか観られない試合も多くあるので、ファンの方ならぜひ加入してみてはいかがだろうか。

1位:スポナビライブ

プロ野球やバスケなど、人気スポーツの生中継が見放題!

料金体系月額料金:1,480円
ソフトバンク契約者、ワイモバイル契約者、Yahoo!プレミアム会員は月額料金:980円
無料期間1ヶ月間の無料お試し期間あり

さまざまなスポーツをライブ配信しているスポナビライブ。特に充実しているのがプロ野球だ。巨人と広島を除いた10球団が主催するオープン戦、公式戦、クライマックスシリーズがここだけで楽しめるぞ。地元チームの試合を余すところなくチェックしよう。ちなみに一部の球団は2軍公式戦も配信。

MLB(メジャーリーグ)やテニス、サッカーのプレミアリーグのライブ配信では日本人選手の活躍を観ることができるし、今注目のB.LEAGUEもB1、B2、オールスターゲーム、プレイオフ、チャンピオンシップを配信。

他にはボクシングや卓球、ゴルフなどもあり。

1ヶ月間の無料お試し期間あり

 

2位:DAZN

世界中のスポーツ、好きなチームやリーグを視聴!

料金体系月額料金:1,750円(税抜)
ドコモユーザーは月額料金:980円(税抜)(DAZN for docomo)(※1)
無料期間1ヶ月間の無料お試し期間あり

(※1)980円はドコモユーザー特別価格となります。本プログラムはドコモユーザー向けのプログラムとなります。

DAZNで注目なのは、なんといってもJリーグ。巨額を投じて放映権を取得したことで話題となったため、ご存じの方も多いだろう。J1・J2・J3の全試合を配信しているので、お気に入りのチームは全力で応援だ。

プロ野球は、横浜と広島のホームゲーム全試合を配信予定(ただし広島県内ではライブを視聴できない)。

バレーボールも配信開始したぞ。V・プレミアリーグの全試合および、V・チャレンジリーグの主要試合が配信されている。

海外サッカーも充実しており、イタリアのセリエAをはじめとする8カ国のリーグに対応。メジャーリーグやテニス、モータースポーツもラインナップ。

DAZNの画質についての評判は、以前はかなり悪かったが、最近は良くなったという声も多少聞こえるようになってきた。できるだけスペックの高い端末や高速な回線を使うようにすることで改善できる場合もあるようなので、トライしてみるのも良い。

1ヶ月間の無料お試し期間あり

 

3位:Hulu

定額制の先駆け。国内外のコンテンツが豊富!

料金体系月額料金:933円
動画本数40,000本以上
無料期間2週間の無料お試し期間あり

オンデマンド配信がメインのHuluだが、リアルタイム配信も行われており、その1つにラインナップされているのが「ジャイアンツLIVEストリーム」だ。スポナビライブで観ることができない巨人主催の公式戦は、こちらで観ることができるぞ

以前はパソコンのみ対応だったが、リニューアルによりモバイルでも視聴できるようになった。いつでもどこでも野球観戦を楽しもう。

2週間の無料お試し期間あり

 

4位:ビデオマーケット

ドラマやアニメが充実。地味に楽しめるサービス!

料金体系プレミアムコース:月額500円
プレミアム&見放題コース:月額980円
複数話パック、全話パックあり
動画本数190,000本以上
特典初月無料キャンペーン実施中

ライブ配信は無いが、スポーツに分類される動画は400ほど(うち見放題対応は100ほど)がラインナップ。プロレス・ボクシングといった格闘技や、ゴルフ、ダンスレッスン、ヨガ・ストレッチといった動画をたくさん観ることができる

日頃運動不足でお悩みの方は、試しに一度チェックしてみると良いだろう。ダンスやヨガ・ストレッチはやってみると案外楽しいかも知れないぞ。

初月無料キャンペーン実施中

 

5位:AbemaTV

多くのチャンネルを観られるインターネットテレビ局!

料金体系基本無料
プレミアムプラン:月額960円
無料期間「プレミアムプラン」は初回1ヶ月間の無料お試し期間あり

多数のチャンネルをストリーミング配信で楽しめるAbemaTV。「SPORTS」や「格闘」といったチャンネルがあり、サッカーやフットサル、サーフィン、プロレス、ボクシング、K-1など多彩な番組を配信している。しかもチャンネル視聴はすべて無料で楽しむことができるぞ。

また、2018年の大相撲を全6場所、序の口から結びの一番まで全取組の生配信も行われている。スペシャル番組用チャンネル「AbemaGOLD」そして「SPORTS」で観ることができる。公式Twitterによると「これまでの大相撲中継にはなかったオリジナル演出や解説で、若い人も楽しめる全く新しい大相撲LIVE」とのこと。何かとゴタゴタしている一方でこういった新たな試みも行われている相撲界、今後さらに面白くなってくるに違いない。

「プレミアムプラン」は初回1ヶ月間の無料お試し期間あり